04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

プロフィール

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

最新トラックバック


r246c's room for GARY MOORE.

Gary Moore(ゲイリームーア)の大ファンです。

お知らせ

中途半端な状態ではありますが、掲載しました記事にコメント等ありましたら、お気兼ねなく書き込み下さい。また、記載した情報に間違え等ある場合がありますので、購入等の際はご自分でご確認の上、自己責任でお願い致します。記載ミス等ご指摘頂ければ幸いです。それでは、宜しくお願い致します(^^)/ r246c. (Since 2011/3/1)

go page top

Topics

go page top

最新記事

go page top

2016/09/21:[CD] 3rd mini Album ORB / Rei

20160921_orb.jpg
ORB / Rei
SPACE SHOWER MUSIC/CULTIVATE INC. - DDCB-12402 - 2016/09/21

1.Pay Day
2.COCOA
3.Oo-Long-Cha
4.Route 246
5.The Day (I Fell In Love With You)
6.Polpetta
7.Keep On Driving

Rei ニューアルバム『ORB』。
2015年2月、長岡亮介(ペトロールズ)が共同プロデュースした1st Mini Album『BLU』、2015年11月、セルフ・プロデュースによる2nd Mini Album『UNO』、そして、2016年9月21日、3rd Mini Album『ORB』がリリース。

収録曲 M3「Oo-Long-Cha」には、Base Ball Bearより関根史織(b)、M4「Route 246」には在日ファンクよりジェントル久保田(Tb)、村上基(Tp)、後関好宏(sax)の在日ファンク・ホーンズ、MCにはDave Fromm、M5「The Day」にはgomes(Pf)など、以前から交流のあるミュージシャンを迎え、トリロジーの最終章が完成した。

アートワークは前作同様、Rei本人デザインによるもので、切り絵で表現した自身のポートレートを7インチサイズ・ジャケットの仕様で発売。



Rei "COCOA" (Official Music Video)


【Rei】PLAYS... at SXSW 2016 / Japan Nite


Rei - Live @ スペースシャワー列伝 第130巻~桃源洞裡の宴~
go page top

2015/11/04:[CD] UNO / Rei

20151104_Rei.jpg
UNO / Rei
日本 - Reiny/AWDR/LR2 - DDCB-12401(CD) - 2015/11/4 - 1500円

1.OCD
2.JUMP
3.Love Sick
4.Black Cat
5.Soleil
6.POTATO
7.We

幼少期をニューヨークで過ごし、4歳よりクラシックギターをはじめ、5歳でブルーズと出会ったシンガー・ソングライター/ギタリスト、Reiのセルフ・プロデュースによるセカンド・ミニ・アルバム。ギタープレイ炸裂なブルージーなナンバー、弾き語りスタイルのセンチメンタルなナンバーはもちろん、海外インディの空気感も取り入れた、絶妙なブレンドでヴィヴィッドな音世界を描き上げた一枚。

------------------------------
注目のSSW / ギタリストRei、2ndミニ・アルバム『UNO』をリリース
2015/10/13 15:37掲載
 今夏〈FUJI ROCK FESTIVAL '15〉〈RISING SUN ROCK FESTIVAL 2015〉〈Peter Barakan's Live Magic〉とビッグなフェスにも出演を果たした注目のシンガー・ソングライターにしてギタリスト、Reiがセルフプロデュースによる2ndミニ・アルバム『UNO』を11月4日(水)にリリースします。収録曲「POTATO」は、NHK-FM『ミュージックライン』10・11月度オープニング・テーマとしてオンエア中。
 幼少期をニューヨークで過ごし、4歳からクラシック・ギターをはじめ、5歳でブルーズと出会ったというRei。長岡亮介(ペトロールズ)が共同プロデュースを手がけ、今年2月に全国流通されたデビュー作『BLU』もロングセラーを記録している中で登場する『UNO』は、ブルージーにもメランコリックにも振れる、ヴァリエーションに富んだ内容となっています。カヴァーアートもRei自らが手がけており、7inchサイズのジャケットでリリース。

------------------------------


Rei "JUMP" (Official Music Video)
go page top

2015/07/24:[Live Report] Rei @FUJI ROCK Fes.

20150724_Rei.jpg
http://fujirockexpress.net/15/p_1576
--------------------
Rei
アバロンステージのトップバッターを務めるのはシンガーソングライターのRei。オフィシャルにあるプロフィールをみると、4歳からクラシックギターをはじめ、5歳のときにはブルースを鳴らしていたという末恐ろしい子…なのだけれど、その姿はとてもキュートな女の子。

可愛いというのはあくまでも外見上のもので、小さな身体からは想像もつかないほどに力強い歌声、男顔負けのブルースサウンドが鳴り響く。本日はサポートにドラマーの片山タカズミを迎え、ザ・ホワイト・ストライプスを彷彿とさせるデュオバンドの編成になっており、より骨太な音となっていた。激しいカッティングによってギターの弦が切れるハプニングも起こったほどで(Rei本人もライヴ中に弦が切れるのは初めてと語っていた)、ギターを持っているときと持っていないときのギャップたるやすさまじい。

ラストの曲ではアバロンの丘で座ってみていたオーディエンスも立ち上がって声援を送るほどまでになっており、ギターと歌だけで会場全体を手中に収めていたことをありありと感じさせてくれた。やっぱり、女の子とロックンロールって最強で最高の組み合わせということで間違いなし。

--------------------

アコギをかき鳴らす様は、スキッドロウ時代のゲイリーを彷彿させる。女の子には、失礼かもしれないがまさにギターの鬼神。7年前から応援しているので、今回大好評だったようでうれしい限りです。頑張れぃ!!!



【Rei】PLAYS... BLACK BANANA @FUJI ROCK FEST 2015
go page top