10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

プロフィール

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

最新トラックバック


r246c's room for GARY MOORE.

Gary Moore(ゲイリームーア)の大ファンです。

お知らせ

中途半端な状態ではありますが、掲載しました記事にコメント等ありましたら、お気兼ねなく書き込み下さい。また、記載した情報に間違え等ある場合がありますので、購入等の際はご自分でご確認の上、自己責任でお願い致します。記載ミス等ご指摘頂ければ幸いです。それでは、宜しくお願い致します(^^)/ r246c. (Since 2011/3/1)

go page top

Topics

go page top

最新記事

go page top

Peter Green's 1959 Gibson Les Paul

kh_2016_1.jpg

Kirk Hammett on owning Peter Green's 1959 Gibson Les Paul: "It just blew me away"


It’s been a while since Kirk Hammett bought Peter Green’s iconic 1959 Les Paul. As recording begins on a new Metallica album, upon which the guitar will be featured, Guitarist catches up with Kirk to see how ‘Greeny’ is faring...

kh_2016_2.jpg

The guitar has a singular aura around it as well as an amazing tone

It’s unusual for an instrument to become as famous as the players who have made music with it. In that respect, Peter Green’s Les Paul is in an extremely select group. Originally seen on stage with John Mayall’s Bluesbreakers, the guitar has a singular aura around it as well as an amazing tone.

Many words have been written - some speculative, others informed - about what it was that made the instrument sound so different in the middle pickup position. Peter himself said he never touched the wiring when the guitar was in his possession and that the guitar sounded that way the day he bought it, inspiring many to believe it was inverted polepieces that were at the heart of the mystery, as opposed to the neck pickup merely being reversed. In any case, the Les Paul not only found notoriety within the Bluesbreakers, it also went on to feature in many classic Fleetwood Mac recordings and live appearances.

kh_2016_3.jpg

Gary told us in an interview that Peter just called him up one day and offered him the guitar

After Peter Green mysteriously quit the music scene in the early 1970s, the guitar found its way into the hands of another legendary player, Gary Moore. Gary told us in an interview that Peter just called him up one day and offered him the guitar, initially refusing payment.

In the end, it was agreed that Gary would give him the cash from selling the Gibson SG he was currently using and the deal was done. Over the years, the guitar went on to appear on many more recordings and live dates - often at considerably higher volume levels than before.

In the mid 90s, Gary paid tribute to his former mentor with the album Blues For Greeny and once again those plaintive ‘out-of-phase’ tones could be heard on re-readings of classic Peter Green material. Gary kept the Les Paul until around 10 years ago when it was sold and the guitar was temporarily retired from public life.
go page top

2016/07/28:[写真集] GIBSON Les Paul Standard 1958-1960

20160728_LP.jpg
Player別冊
The GIBSON Les Paul Standard 1958-1960


大型本: 140ページ
出版社: メディアパル
言語: 日本語
ISBN-13: 978-4802191487
発売日: 2016/7/28
価格: 7,400円(+消費税)/7,992円(税込価格)

音楽雑誌「Player」監修による究極のギター写真集。
数あるヴィンテージ・ギターの中でも、その最高峰として多くの人々を魅了する“レスポール・スタンダード"。

ジミー・ペイジ、エリック・クラプトンなど、レスポールに魅せられ、このギターと共に名作を残したギタリストは数え切れません。“ロックの歴史はレスポール・スタンダードと共に歩んできた"と言っても過言ではないでしょう。

今や専門店でさえ目にすることのない“ギター界のストラトヴァリウス"とも称される“幻の名器"を、日本中のギターマニア、ギタリスト、ヴィンテージ・ショップの協力の下、40数本のバースト・コレクションとして美しい撮り下ろしの写真で紹介。

また、日本を代表する有名ギタリスト達が秘蔵するサンバースト・レスポールの公開。さらには、近年益々リアルさに磨きが掛かるヴィンテージ・リイシュー・モデルの徹底研究など、サンバースト・レスポールの全てを網羅した“奇跡のバースト・ブック"です。

○ギター界のストラディヴァリウスとも称されるヴィンテージ・レスポール・スタンダードを60本近く撮り下ろした奇跡のバースト・コレクション。
○レスポール・モデルの誕生から現代まで、60余年におよぶレスポール・ストーリーを振り返る。
○日本を代表するロック・ギタリストが語るレスポール・スタンダードの魅力。本人秘蔵のヴィンテージ・レスポールとシグネチャー・レスポールを徹底研究。美しい写真とマニアックなテキストでその隅々まで徹底紹介。
○ギブソン・レスポール・スタンダード・リイシューの全てが分かるモデル考察。ギブソン・ファクトリーでは、このようにしてレスポール・モデルが製作されている。担当者が語るリイシュー・モデルの真実。
○初版予約特典として、日本を代表する実力派ギタリスト、稲葉政裕によるヴィンテージ・レスポールの試奏動画DVDが付属。オリジナル・レスポールの弾き比べというありえないスペシャル動画が付属。

多大なる反響をいただいている音楽雑誌「Player」別冊 『The GIBSON Les Paul Standard 1958-1960』。当初30本撮りおろし予定だったヴィンテージ・レスポール・スタンダードも、結果的には80本以上掲載できたことにより大幅にページも増量。まさしく世界的にも例のない、究極のバースト写真集として仕上がり。

【商品仕様】
●仕様:
B4判ハードカバー豪華写真集(140頁程度)
シュリンク包装

●予約特典:
・レスポール・スタンダード弾き比べ動画DVD
・B4判オリジナル・ギター・ポストカード

初回出荷分に付属する特典DVDでは、小田和正のサポートで知られる敏腕ギタリスト、稲葉政裕による、貴重なヴィンテージ・レスポール・スタンダードを弾き比べた動画が収録されます。都内スタジオにて収録されたこの動画は、数々の貴重なバーストレスポールをフェンダーのデラックスアンプにプラグイン(ブースターとしてBJFデザインのマッドプロフェッサー・スウィートハニーオーバードライブを使用)。生のバーストレスポールのサウンドを生々しく捕らえたサウンドをお楽しみいただけます。そして気になる音色は明らかに1本1本異なるサウンドキャラクターでした! 稲葉氏によるサウンドチェックの模様、さらに実際に楽曲を2曲プレイした動画も収録。写真集とともにご覧いただきたいです。

------------------------------
go page top

1952-1954年製? 赤塗装レスポール

gt0.jpg

下記がゲイリーの赤塗装LPです。ブリッジの形状やピックアップの色などが異なります。

gt1.jpg

gt2.jpg
gt3.jpg
gt4.jpg
gt5.jpg
go page top