06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

プロフィール

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

最新トラックバック


r246c's room for GARY MOORE.

Gary Moore(ゲイリームーア)の大ファンです。

お知らせ

中途半端な状態ではありますが、掲載しました記事にコメント等ありましたら、お気兼ねなく書き込み下さい。また、記載した情報に間違え等ある場合がありますので、購入等の際はご自分でご確認の上、自己責任でお願い致します。記載ミス等ご指摘頂ければ幸いです。それでは、宜しくお願い致します(^^)/ r246c. (Since 2011/3/1)

go page top

Topics

go page top

最新記事

go page top

1987:Album"Wild Frontier" Gary Moore

1987_wf.jpg

1987
"Wild Frontier"
Gary Moore

1.Over The Hills And Far Away 5:19
2.Wild Frontier 4:15
3.Take A Little Time
4.The Loner 5:52
5.Friday On My Mind 4:12
6.Stranger In The Darkness
7.Thunder Rising
8.Johnny Boy
----------
9.Over The Hills And Far Away (12")7:23
10.Over The Hills And Far Away (7")4:38
11.Over The Hills And Far Away (7" edit)4:23
12.Wild Frontier(12")6:38
13.Wild Frontier(demo)4:29
14.Friday On My Mind(7" remix)4:12
15.Friday On My Mind(7" remix edit)4:04
16.Friday On My Mind(12")6:10
17.Friday On My Mind(Kool Rap)5:17
18.The Loner (edit)4:20
19.The Loner (7")4:36
20.The Loner (12")7:08 with Vocal

(注)Crying In The Shadowは、Run For Cover(1985年)時のレコーディングなのでここには記載していません。

1987_WFalbums.jpg

・コンセプトアルバムでもなく、大きなテーマを考えて作ったアルバムではない。ただ、アイルランドで生まれ育った影響を活かし、今までとは違ったモノを作り出したかった。フィルリノットへの追悼の意を込めてシンリジィの持ち味を生かしたアイリッシュテイストにこだわった。
・「Over The Hills And Far Away(望郷の果て)」は一番最後に書いた曲。自分が犯してもいない罪で捕らえられアリバイが無いので連行されてしまう、という内容。
・「Wild Frontier」は、同じくアイルランドをテーマで、政治的な内容。北アイルランドで常に問題になっているベルファストについて歌ったモノ。
・レコーディングは、10~12週間かけた。一番使ったスタジオが、トレバー・ホーンのスタジオ。
linn9000.jpg
・ロナーを除くレコードのほとんどがドラムマシーン「リン9000(Forat Linn 9000)」による。Linn社は、この9000を出した後すぐ倒産したそうです。人間的なノリを出すためにハイハットとシンバルは、後から差し替えた。差し替えたのは、リフレックスというバンドのドラマーであるローランド・ケリッジ。
・「The Loner」は、ドラム・ベース・キーボード全てが、アンディー・リチャーズのプレイしたフェアライトのヴァージョンⅢ(16bit)。+生バイオリン。1stテイクではないがパンチイン・パンチアウト無しの一発録り。マックス・ミドルトンがジェフベックのために書いた曲で、1979年リリースのコージーパウエル1stソロアルバム「Over The Top」に原曲収録。
・元ブラックサバスのエリックシンガーは、ボブディズリーの紹介。ヘアスタイルとアメリカン・アクセントの英語が好きで加入して貰った(冗談で)。
・ゲイリーファーガーソンは、リズムマシン使用に猛反発して出て行った。ギーザー・バトラー・バンドに加入。
・今回は、プロデューサーは、ピーターコリンズ一人のみ。
・今回のアルバムでは「Over The Hills And Far Away」「Wild Frontier」「Johnny Boy」が特にお気に入り。ギタープレイのお気に入りは「The Loner」「Over The Hills And Far Away」「Wild Frontier」。
・ここ4~5年、ギターを弾く姿勢に変化で出てきた。弾きまくるより、よりメロディにポイントをおくように。

1987_WF01.jpg

[使用ギター]
・ポール・リード・スミス(当時、海外では人気爆発)
オールドギブソンを彷彿させる。フェイズサウンドもシングルコイルサウンドも出せる。シンクロナイズが好きでロックナット無しのトレモロが付いている。ナットロックしないかわりにマシンヘッドでロック出来るようになっている。「アームの付いたレスポールギター」と評価。
・シャーベルは余り使わなかった。ステージでは、EMGマウントの赤シャーベルをメイン。
・現時点で一番鳴る、白のヘイマー(2ハムPUはディマジオ製)レスポールスペシャルタイプがメイン。かなり重い。
・シンセアクスは、もう飽きた(^^;)とのことで未使用。
・マーシャル100Wと50Wのヘッドと1台のスピーカキャビネット。

Wild Frontier
・ハーモニーパートで、ギブソンレスポールJr.(1955年製)を使用。シンリジィみたいなギターハモを作りたかった。

The Loner
・EMG58マウントの赤いシャーベル。(MAXONの歪みやコーラスを足した可能性有り。)
・ギャリエン・クリューガー(Gallien Krueger 250ML)のヘッドのラインアウトからミキサーにダイレクト。エコーはミキサーでかけた。歪みはヘッドで。
gk250ml.jpg


1987_G01.jpg

1987_G02.jpg

1987_G03.jpg

1987_G04.jpg

1987_G05.jpg

1987_G06.jpg

1987_G07.jpg

1987_G08.jpg

[1987年ツアー使用ギター]
・ポール・リード・スミス パールホワイト「PUの切換、トレモロが最高」24F
・ポール・リード・スミス レッド・タイガー・ストライプ(パールホワイトとほとんど同じ仕様)24F スペア
・シャーベル 白のストラトタイプ「軽いし最高」珍しくメイプルネック 22Fに交換EMG58
・シャーベル キャンディアップル EMG58 (来日時のメインギター) 22F シングルx3をハムx1に改造
・カスタムストラト グレイのキースペイジ(ギターテク)が作成。デザインはゲイリー本人。EMG1PU 21F
・ジャクソン ソロイスト
・ギブソン グリーニーレスポール1959
・タカミネ ブラック12弦エレアコ輸出モデル ステージでは固定で使用

[1987年ツアー使用エフェクター]
・アイバニース チューブスクリーマー
・ローランド SRE-555(テープディレイ)
・ローランド SDE-3000(デジタルディレイ)
・アレシス・マイクロ Dリバーブ
・ローランド ディメンジョンD(コーラス)
・Marshall or D Markley

(注)使用ギターについては、来日時の機材別・ギター別にページを作成する予定です。ここでは取りあえず箇条書きにメモ程度で記載しましたので、ご了承下さい。

[2011/03/08] 初UP
[2011/08/05] アルバムについて、使用ギター等
[2011/08/07] 使用ギター

go page top