05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

プロフィール

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

最新トラックバック


r246c's room for GARY MOORE.

Gary Moore(ゲイリームーア)の大ファンです。

お知らせ

中途半端な状態ではありますが、掲載しました記事にコメント等ありましたら、お気兼ねなく書き込み下さい。また、記載した情報に間違え等ある場合がありますので、購入等の際はご自分でご確認の上、自己責任でお願い致します。記載ミス等ご指摘頂ければ幸いです。それでは、宜しくお願い致します(^^)/ r246c. (Since 2011/3/1)

go page top

Topics

go page top

最新記事

go page top

2013/03/06:[CD] Blues Alive / Gary Moore

1993_ba.jpg

Blues Alive ブルーズ・アライヴ
/ ゲイリー・ムーア


JAP - EMI - TOCP-54438(1CD) - 2013/3/6 - 1500円
(ハード・ロック1500) [期間限定盤]
<期間限定特別価格盤>
オリジナル盤発売日:1993年

CD (2013/3/6)
ディスク枚数: 1
レーベル: (株)EMIミュージック・ジャパン
価格: ¥ 1,500

1.Cold Day In Hell
2.Walking By Myself
3.Story Of The Blues
4.Oh Pretty Woman
5.Separate Ways
6.Too Tired
7.Still Got The Blues
8.Since I Met You Baby
9.The Sky Is Crying
10.Further On Up The Road
11.King Of The Blues
12.Parisienne Walkways
13.Jumpin' At Shadows

国内盤は、1996年以来、約17年ぶりの再発になります。
リマスタされていると嬉しいですね。

アルバムの詳細は、こちら

[2013/01/13] 初UP
[2013/03/06] CDが届きました


DSCF7294.jpg

リマスタをしたという記載はありませんので、そのままのようです。ライナーノーツもオリジナル発売当時(1993年)のまま。確かに音源もライナーも変更の必要の無い完成度なので仕方がないのかもしれませんが、少し変化が欲しかったです(^^;)帯だけ。

DSCF7297.jpg

裏ジャケのCD説明を変更するぐらいなら
「ライブ・ブルース」のビデオとレーザーディスクもあるよ!
を消せばいいのに(^^;)
20130306_tocp54438B.jpg

[2013/03/07] WAVE波形の比較

1曲目の「Cold Day In Hell」で比較してみましたが、全く同じでした。旧CDをお持ちでしたら買い換える必要は無いと思います。

1993_baWAV.jpg
1996_baWAV.jpg
2013_baWAV.jpg
go page top

2012/10/09:[Box-set] Mr. B.B. King

20121009_BBKing_blog1.jpg
Mr. B.B. King [Box set 限定盤]
/ B.B.キング

? - Hip-O Records - ?(10CD 763min) - 2012/10/09
価格12,191 → 実売10,000円前後

85歳にして現役で活躍中するB.B.キングの10枚組オールタイム・アンソロジー・ボックス!1950年代から85歳になる現在に至るまでシーンの最前線で活躍を続け、ブルースのポピュラー・ミュージック化に計り知れない貢献を続けるとともに、ザ・ローリング・ストーンズ、U2、エルトン・ジョン、エリック・クラプトン、スティーヴィー・ワンダー等々のスーパー・スターたちからも最高級のリスペクトを寄せられる“ブルースの帝王"B.B.キングが、ABCパラマウントとレコード契約した1962年からちょうど50年。その偉業を称えたCD10枚組全194曲収録のアンソロジー・ボックスです。ディスク1~2には、1949年のキャリア初レコーディングとなったBulletに残した4曲、1950年から1957年にModern/RPMに残した27曲のシングル音源、1958年から1971年にKent/Crownに残した19曲のシングル/アルバム音源を収録。ディスク3~10には、アルバム未収録シングルや、レアなアルバム/シングル音源を含む、1962年から1978年のABC-Paramount、ABC Bluesway、ABC、ABC/Impulseでの音源を80曲、1979年から2012年までのMCA、Geffen Records音源を64曲収録。1970年5月2日録音のカーネギー・ホール・ライヴ音源や、ザ・ローリング・ストーンズ、エリック・クラプトン、U2、エルトン・ジョン、ロバート・クレイ、エッタ・ジェイムス、ボニー・レイット、ゲイリー・ムーア、ボビー“ブルー"ブランドとのコラボ曲も収録されています。貴重写真、レコーディング・クレジット資料を掲載したオリジナル・ブックレット付き。

[Disc-1]
1.Miss Martha King
2.When Your Baby Packs Up and Goes
3.Got the Blues
4.Take a Swing With Me
5.B.B. Boogie
6.Don't You Want a Man Like Me
7.Fine Looking Woman
8.She's Dynamite
9.3 O'Clock Blues
10.That Ain't the Way to Do It
11.You Know I Love You
12.Woke Up This Morning (My Baby She Was Gone)
13.Please Love Me
14.Blind Love
15.The Woman I Love
16.Whole Lotta' Love
17.Everyday I Have the Blues (Single Version)
18.Love You Baby
19.When My Heart Beats Like a Hammer
20.You Upset Me, Baby (1954 Version)
21.Sneakin' Around
22.Shut Your Mouth
23.Boogie Rock
24.Ten Long Years
25.Crying Won't Help You
26.Bad Luck
27.Troubles, Troubles, Troubles

[Disc-2]
1.Sweet Little Angel
2.Early In the Morning
3.(I'm Gonna) Quit My Baby
4.On My Word of Honor
5.Days of Old
6.Recession Blues
7.Please Accept My Love
8.Everyday I Have the Blues
9.Precious Lord
10.Sweet Sixteen, Pt. 1 & 2
11.Don't Get Around Much Anymore
12.I'll Survive
13.(I've) Got a Right to Love My Baby
14.It's My Own Fault
15.You Done Lost Your Good Thing Now
16.Walking Dr. Bill
17.Catfish Blues (Fishin' After Me)
18.Partin' Time
19.You're Breaking My Heart
20.Rock Me Baby
21.Blue Shadows
22.The Jungle
23.That Evil Child

[Disc-3]
1.You Ask Me
2.I'm Gonna Sit in 'Til You Give In (Single Version)
3.Blues at Midnight (Single Version)
4.My Baby's Comin' Home (Single Version)
5.Chains of Love
6.Sneakin' Around (Single Version)
7.Slowly Losing My Mind (Single Version)
8.How Blue Can You Get? (Single Version)
9.Whole Lotta Lovin' - King, B.B. & His Orchestra
10.I Wonder Why (First Version)
11.Please Accept My Love
12.Help the Poor (Single Version)
13.Never Trust a Woman (Single Version)
14.Worryin' Blues
15.Stop Leadin' Me On (Single Version)
16.Every Day I Have the Blues (Live At The Regal Theater 1964)
17.Sweet Little Angel (Live At The Regal Theatre, Chicago 1964)
18.It's My Own Fault (Live at The Regal Theatre)
19.How Blue Can You Get? (Live At The Regal Theatre, 1964)
20.Please Love Me (Live at The Regal Theatre, Chicago 1964)
21.Tired of Your Jive (Single Version)
22.All Over Again (Single Version)
23.I'd Rather Drink Muddy Water
24.Cherry Red
25.You're Still a Square
26.Don't Answer the Door
27.Waitin' On You (Single Version)
28.Night Life (Single Version)

[Disc-4]
1.Gambler's Blues (Live at The International Club, Chicago 1966 Extended Version)
2.Buzz Me (Live at The International Club 1966)
3.Sweet Sixteen, Pt. 1 & 2 (Live at The International Club, Chicago 1966)
4.Think It Over (Single Version)
5.I Done Got Wise
6.Worried Dream
7.Paying the Cost To Be the Boss
8.I'm Gonna Do What They Do to Me
9.Dance With Me
10.Lucille
11.Watch Yourself
12.You Put It On Me
13.Messy But Good
14.Get Myself Somebody (Single Version)
15.My Mood (Live at Village Gate, 1969)
16.I Want You So Bad
17.Get Off My Back Woman
18.Why I Sing the Blues

[Disc-5]
1.The Thrill Is Gone
2.Confessin' the Blues
3.So Excited
4.No Good
5.Go Underground
6.Nobody Loves Me But My Mother
7.Chains and Things (Single Version)
8.Ask Me No Questions (Single Version)
9.Hummingbird
10.Every Day I Have the Blues (Live In Cook County Jail, 1970)
11.How Blue Can You Get? (Live at Cook County Jail, Chicago 1971)
12.Worry, Worry (Live In Cook County Jail 1970)
13.Sweet Sixteen (Live at Sankei Hall, Tokyo 1971)
14.Eyesight to the Blind (Live At Sankei Hall, Tokyo 1971)
15.Niji Baby (Live at Sankei Hall, Tokyo 1971)
16.The Thrill Is Gone (Live at Sankei Hall, Tokyo 1971)

[Disc-6]
1.I Got Some Help I Don't Need (Pre-Overdub Version)
2.Blue Shadows
3.Ghetto Woman (Single Version)
4.Ain't Nobody Home (Single Version)
5.Guess Who
6.Five Long Years
7.I Like to Live the Love (Single Version)
8.To Know You Is to Love You
9.Philadelphia
10.3 O'Clock Blues (Live at Western Recorders Studio1 1974)
11.Lucille Talks Back
12.Reconsider Baby
13.Don't Make Me Pay for His Mistakes
14.Let the Good Times Roll (Live at Coconut Grove Single Version)
15.Don't You Lie To Me
16.Mother Fuyer
17.The Same Love That Made Me

[Disc-7]
1.When It All Comes Down (I'll Still Be Around)
2.Hold On (I Feel Our Love Is Changing)
3.Never Make a Move Too Soon
4.Better Not Look Down (Single Version)
5.Happy Birthday Blues (Single Version)
6.I've Always Been Lonely
7.Caldonia (Live at Ole Miss 1979)
8.I Got Some Outside Help (I Don't Really Need) (Live At Ole Miss 1980)
9.Life Ain't Nothing But a Party
10.The Victim
11.There Must Be a Better World Somewhere
12.Nightlife/Please Send Me Someone to Love
13.Inflation Blues
14.Sell My Monkey
15.Darlin' You Know I Love You
16.Make Love to Me

[Disc-8]
1.Into the Night (Theme from Into The Night)
2.Six Silver Strings
3.When Love Comes to Town
4.Standing On the Edge
5.Lay Another Log On the Fire
6.Take Off Your Shoes
7.Nobody Loves Me But My Mother (Live In San Quentin)
8.Right Place, Wrong Time
9.All Over Again (Live at The Apollo Theater 1990)
10.I'm Moving On
11.Back In L.A.
12.Fool Me Once
13.There Is Always One More Time
14.Monday Morning Blues (Blues For Mr. G.)
15.Since I Met You Baby (Live) - Moore, Gary

20121009_BBKing_blog2.jpg

[Disc-9]
1.Playin' With My Friends
2.There's Something On Your Mind
3.I Gotta Move Out of This Neighborhood/Nobody Loves Me But My Mother
4.You Don't Know Me
5.Stormy Monday Blues
6.Rock Me Baby (Live at The Rosengarten 1994)
7.Confessin' The Blues
8.Paying the Cost to Be the Boss
9.Blues Man
10.Bad Case of Love
11.Blues Boys Tune
12.I'll Survive
13.Ain't Nobody Here But Us Chickens
14.I'm Gonna Move to the Outskirts of Town
15.Ain't That Just Like a Woman
16.Caldonia

[Disc-10]
1.Ten Long Years
2.Key to the Highway
3.I Got to Leave This Woman
4.Monday Woman
5.Don't Go No Farther
6.You're On Top
7.Back Door Santa
8.Exactly Like You
9.Sinner's Prayer - Charles, Ray
10.Early In the Morning
11.Rock This House
12.You Have a Way
13.Everybody Loves You
14.Key to the Highway (Live in Tennessee 2006)
15.Midnight Blues
16.Get These Blues Off Me
17.See That My Grave Is Kept Clean
18.Waiting for Your Call
19.Haunted House
go page top

1993:Live album"Blues Alive" Gary Moore

1993_ba.jpg

"Blues Alive"
Gary Moore

1.Cold Day In Hell
2.Walking By Myself
3.Story Of The Blues

4.Oh Pretty Woman
5.Separate Ways
6.Too Tired

7.Still Got The Blues
8.Since I Met You Baby
9.The Sky Is Crying
10.Further On Up The Road

11.King Of The Blues
12.Parisienne Walkways
13.Jumpin' At Shadows


2,3,5,6:Live at Los Angeles, Calif. US on 20th May, 1992.
1,4,8,9,10:Live at Hammersmith Odeon, London, UK on 8th June, 1992.
11:Live at Le Zenith, Paris, France on 13th June, 1992.
12,13:Live at Royal Albert Hall, London, UK on 5th October, 1992.
7:Live at Town&Country Club 2, London, UK on 11th Novenber, 1992.

CD音源は、SGTB以外、ビデオ「Live Blues」と全く異なります。CD「Blues Alive」は、日本では1996年以降、一度も再プレスされていないので、いずれは入手困難になると思いますので、ボーナス3インチCDの付属した初回プレス1993年VJCP-28164を今の内に入手しましょう!

[More Blues Alive] 日本初回プレスのみボーナス3インチCD
1.Stop Messin' Around
2.You Don't Love Me
3.Since I Met You Baby
4.Key To Love

1,2,3,4:Live at Town&Country Club 2, London, UK on 11th Novenber, 1992.


1993_ba00.jpg

The Midnight Blues Band:
Gary Moore(Vo,G)
Tommy Eyre(Key)
Andy Pyle(B)
Graham Walker(Dr)

Candy MacKenzie(Backing Vo)
Juliet Roberts(Backing Vo)

The Midnight Horns:
Frank Mead(Alto sax,Harmonica)
Nick Payn(Barytone sax)
Nick Pentelow(Tenor sax)
Martin Drover(Trumpet)

1993_ba01.jpg

・オーバーダブは一切無し。ありのままのライブアルバム。ということだが、ボーカルの数カ所とコーラスを修正したらしい。
・9回の別々のコンサートを全てライブレコーディングをして、その中から良いテイクをまとめた。使えたのは、その内4日分だったとか。1992年のLA、ロンドン、パリ。
・アメリカLA初日で何百人というギタリスト達の前での演奏で相当なプレッシャー。しかし実際には凄くリラックスして楽しくプレイすることが出来た。しかし、初日ということもあってかレコーディングがほとんどNG。「Jumpin' At Shadows」だけ初日からピックアップ出来た。
・最もフィーリングのコモったプレイをピックアップ。
・入れたくても入れられなかった曲「All Your Love」。全てのテイクに何らかの問題があって使えなかった。
・ライブステージこそミュージシャンの醍醐味を味わえる空間。
・「Further On Up The Road」は、リズム・テンポが好きで、途中延々とギターとオルガンがバトルが楽しいショウのハイライト。
・「The Sky Is Crying」はアルバートキングのレパートリーで好きというのもあったが、SRV(没1990/8)への追悼のつもりで演奏を始めた。
・一番のお気に入りは「The Sky Is Crying」。起伏にとんだプレイが出来た。あと「Story Of The Blues」「Still Got The Blues」のソロも良い。
・アメリカの若手白人ギタリストによるLAブールズ・オーソリティに対して「あれはブルーズじゃないよ。」

1959_GreenyLP.jpg

1959_sgtbLP.jpg

1992_RoyB.jpg

[使用機材]
・メインは、ギブソンレスポールSGTB1959にソルダーノ。
・クリーンな時は、ギブソンレスポールグリーニー1959。「Jumpin' At Shadows」は、アウトオブフェイズで。アンプはフェンダーにチェンジ。
・「Too Tired」「Further On Up The Road」は、フリッツ・ブロス ブルースマスター(ロイブキャナンシグネチュアー)。
・ソルダーノは50Wタイプで、エレクトロボイス30cm×4入りマーシャルキャビネット。
・大きい会場では、100Wか150Wのソルダーノを使用した。ステージの裏手に置いてPAに流し込む。

[2011/03/09] 初UP
[2011/08/11] ハンドメンバー、アルバムについて、使用機材、写真

go page top