03«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

プロフィール

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

最新トラックバック


r246c's room for GARY MOORE.

Gary Moore(ゲイリームーア)の大ファンです。

お知らせ

中途半端な状態ではありますが、掲載しました記事にコメント等ありましたら、お気兼ねなく書き込み下さい。また、記載した情報に間違え等ある場合がありますので、購入等の際はご自分でご確認の上、自己責任でお願い致します。記載ミス等ご指摘頂ければ幸いです。それでは、宜しくお願い致します(^^)/ r246c. (Since 2011/3/1)

go page top

Topics

go page top

最新記事

go page top

2001:Album"Back To The Blues" Gary Moore

2001_bttb.jpg

2001
"Back To The Blues"
Gary Moore

1.Enough Of The Blues 4:47
2.You Upset Me Baby (B.B.King - Bihari)3:14
3.Cold Black Night 4:17
4.Stormy Monday (Walker)6:53
5.Ain't Got You (Carter)2:53
6.Picture Of The Moon 7:12
7.Looking Back (Watson)2:19
8.The Prophet 6:19
9.How Mony Lies 6:10
10.Drowing In Tears 9:19
----------
11.Picture Of The Moon(Promo edit)4:14
12.Picture Of The Moon(Single edit)4:10
13.Cold Black Night(Previously unrelease version)4:05
14.Stormy Monday(Previously unrelease version)6:55
15.Livin' With The Blues(Outtake) incl."Sound Minds"V.A.

2001_bttb00.jpg

Gary Moore(Vo,G)
Vic Martin(Key)
Pete Rees(B)
Darrin Mooney(Dr)

Brass section on "You Upset Me Baby".
Martin Drover(Trumpet)
Frank Mead(Tenor sax)
Nick Pentelow(Tenor sax)
Nick Payn(Beritone sax)

2001_bttb01.jpg

・ほとんどの曲が一発録り。
・「Stormy Monday」は初めて演奏したデモ音源をそのまま採用。
・「Drowing In Tears」を全員で演奏したのは一度だけ。
・「The Prophet」は、故ロイブギャナンへのトリビュート。「The Prophet」は、ロイのデビューアルバムのタイトル。
・B.B.Kingの「You Upset Me Baby」は、ブライアンダウニーがThin Lizzy結成前によくプレイしていた曲で、最近BBのアルバムを聴いていたゲイリーが昔を思い出し選曲。
・「Looking Back」は、グリーニーバージョンを意識してトライ。
・「Stormy Monday」「You Upset Me Baby」は自分らしさを出しつつ、伝統を大切に。
・自分でブルーズ曲を作るにあたり「12小節のブールズ」を意識したことは無い。
・「How Mony Lies」はスタジオ入りしてからギリギリで書き上げた曲。
・Darrin Mooneyは、ビッグバンド的フィーリングのあるドラマー。
・「Stormy Monday」は、昨年チャリティギグで演奏したのが初めて。その後、自分で唄いたくなった。クラプトンの演奏がベスト。
・「Ain't Got You」は、ヤードバーズバージョンのカバー。子供の頃「For Your Love(1965)」を聴いて共感。
・「Picture Of The Moon」は、数年前にスペインで書いた。

2001_G01.jpg

2001_G02.jpg

2001_G03.jpg

2001_G04.jpg

[レコーディング使用機材]
・「Enough Of The Blues」のイントロは、ベルトーネギターのレゾネーターギター。
・「The Prophet」のイントロで指弾き。
・主にギブソンES-355を使用。アルバムジャケの表紙は335、裏がその355。
・「Cold Black Night」「Looking Back」は、SGTBレスポール。
・「Picture Of The Moon」は、グリーニーレスポール。
・「Drowing In Tears」では、フェルナンデスのサスティナー付きギター。
・「Ain't Got You」のララララーの部分だけサーモンピンクストラト。
・「The Prophet」は、24フレットのレスポールWカッタウェイ。ロンドンで買って、PUを一つ入れ替えたら凄い良い音になった。

2001_G05.jpg

2001_G06.jpg

・アンプは、フェンダーの1968デュアルショーマンリバーブをメインに使用。チャックベリーはグリーニーが使っていた。
・「How Mony Lies」だけマーシャルJCM2000/DSLを使用。キャビネットは、4x12
・50Wのマーシャルを「Enough Of The Blues」のリズムに使用。
・Line6のディストーションモデラーDM4を少しだけ使用。
・チューブスクリーマーTS10、マーシャルのBB-2などをブースト用に使用。
・マイクは、いつものシュアーSM87と今回はSM57を初めて使用。

2001_G07.jpg

2001_G08.jpg


LIVEレコーディングということで、ツアー機材とほぼ同じです。

[ツアー機材]
・ギブソン 1959レスポール SGTB
・ギブソン 1960ES-355TD/SV
・ギブソン ゲイリームーアシグネチャーレスポール
・ギブソン レスポールWカット24F

・フェンダー 1968デュアルショーマンリバーブ
・マーシャル JCM2000/DSL

・Line6 DM4

[2011/03/09] 初UP
[2011/08/17] 曲目、レコーディングメンバー、アルバムについて、使用機材、写真

go page top