08«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

プロフィール

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

最新トラックバック


r246c's room for GARY MOORE.

Gary Moore(ゲイリームーア)の大ファンです。

お知らせ

中途半端な状態ではありますが、掲載しました記事にコメント等ありましたら、お気兼ねなく書き込み下さい。また、記載した情報に間違え等ある場合がありますので、購入等の際はご自分でご確認の上、自己責任でお願い致します。記載ミス等ご指摘頂ければ幸いです。それでは、宜しくお願い致します(^^)/ r246c. (Since 2011/3/1)

go page top

Topics

go page top

最新記事

go page top

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tb: -- |  co: --
go page top

[News] Live At Bush Hall 2007

36346.jpg
------------------------------
ゲイリー・ムーアのライヴ盤『Live At Bush Hall 2007』が180g重量盤LPで再発
2015/06/04 16:37掲載

ゲイリー・ムーア(Gary Moore)のライヴ・アルバム『Live At Bush Hall 2007』がアナログ・レコードで再発。180グラム重量盤で2枚組。海外で6月29日発売。リリース元はRock Classicsこの作品には2007年5月17日にロンドンのブッシュホールで行われたコンサートの模様を収録。CD版は2014年に発売済

●『Live At Bush Hall 2007』

Side A:
1. If The Devil Made Whiskey
2. Thirty Days
3. Trouble At Home
4. Hard Times
5. Eyesight To The Blind

Side B:
1. I Had A Dream
2. Too Tired
3. Gary's Blues 1

Side C:
1. Don't Believe A Word
2. Still Got The Blues
3. Walking By Myself

Side D:
1. The Blues Is Alright
2. Sundown

------------------------------
スポンサーサイト
go page top

2014/09/10:[CD] ライヴ・アット・ブッシュ・ホール 2007

20140922_EAGCD535.jpg
ライヴ・アット・ブッシュ・ホール 2007
/ ゲイリー・ムーア

日本 - ワードレコード - VQCD-10398(CD) - 2014/09/10 - 2,808円
日本先行発売 & 日本盤限定ボーナストラック付き

ゲイリー・ムーア2007年未発表ライヴ音源がついにオフィシャルリリース決定! シン・リジィ時代からの盟友ブライアン・ダウニー(ds)とともに2007年5月17日ロンドン/ブッシュ・ホールでのステージを収録した、当時の最新アルバム『クローズ・アズ・ユー・ゲット』に伴うツアーのハイライト公演! 日本盤限定ボーナストラックとして「パリの散歩道」ライヴ音源を追加収録! 【日本盤限定ボーナストラック収録/日本語解説書付】

2007年当時の最新アルバム『クローズ・アズ・ユー・ゲット』のリリースを記念しておこなわれたスペシャル編成ライヴである本作、演奏曲目は前半が新作からのナンバー、後半はブルース期の代表曲を中心としたもの。2010年の日本公演でもプレイされた「スティル・ゴット・ザ・ブルース」や「ウォーキング・バイ・マイセルフ」「ザ・ブルース・イズ・オールライト」などの代表曲の数々、新たなる泣きのギター・ソロを開眼させた「アイ・ハッド・ア・ドリーム」、そしてこのツアーでしか演奏されなかったサニー・ボーイ・ウィリアムスンIの「アイサイト・トゥ・ザ・ブラインド」やサン・ハウスの「サンダウン」などレアなカヴァー曲も披露される。

ハード・ロックやフュージョンなど、さまざまな音楽スタイルを経てきたゲイリーだが、その原点にあるのはブルースだった。少年時代にエリック・クラプトンやピーター・グリーンから薫陶を受けてきた彼は1990年に『スティル・ゴット・ザ・ブルース』で本格ブルース路線に転向。2010年4月、最後のジャパン・ツアーまで、ブルースを中心とした活動を行ってきた。本作に収録されたライヴは、その集大成といえるものだ。

gary2007top.jpg

「自分の中のブルースを再発見する時期だった」と後にゲイリーが語るとおり、多彩なギター・サウンドに挑戦しているのも本作の特徴だ。愛器ギブソン・レスポールを筆頭に、フェンダー・テレキャスター、そしてアコースティックなどを用いて、カラフルな音色を聴かせる時期のライヴであることも、本作のサウンドに奥行きをもたらしている。

このライヴは当時、イギリスのネットラジオ局『プラネット・ロック』でオンエアされたが、新たに音源をリマスター。さらに放送されなかった「トゥ・タイアード」とシン・リジィの「甘い言葉に気をつけろ」を収録している。

2007年には2度の英国ツアーを含む長期ツアーを敢行、10月にはジミ・ヘンドリックスの楽曲をプレイする『ブルース・フォー・ジミ』ライヴを行うなど、まさに絶好調だったゲイリーのギター。それに加えて、彼を支えるメンバーも実力者揃いだ。特にシン・リジィ時代からの盟友ブライアン・ダウニーはタイトでありながらスウィング感のあるドラミングで、ゲイリーをバックアップしている。このツアーを最後に、ブライアンはゲイリーのバンドを脱退するため、本作は両雄が相まみえたラスト・ツアーのドキュメントとして、重要な位置を占めるものだ。

2011年2月6日に亡くなったゲイリーだが、そのギターは永遠だ。ソチ冬季五輪フィギュアスケートでは羽生結弦選手がショート・プログラム曲にゲイリーの「パリの散歩道」を使用、金メダルを獲得したのは記憶に新しい。日本盤のみ本作とは別ライヴでの「パリの散歩道」をボーナストラックとして追加収録している。

【メンバー】
ゲイリー・ムーア(ギター/ヴォーカル)
ブライアン・ダウニー(ドラムス)
ピート・リース(ベース)
ヴィック・マーティン(キーボード)

【収録曲】
01.イフ・ザ・デヴィル・メイド・ウィスキー
02.サーティ・デイズ
03.トラブル・アット・ホーム
04.ハード・タイムズ
05.アイサイト・トゥ・ザ・ブラインド
06.アイ・ハッド・ア・ドリーム
07.トゥ・タイアード
08.ギター・ソロ
09.甘い言葉に気をつけろ
10.スティル・ゴット・ザ・ブルース
11.ウォーキング・バイ・マイセルフ
12.ザ・ブルース・イズ・オールライト
13.サンダウン
14.パリの散歩道(日本盤限定ボーナストラック)

20140705_ama1.jpg
------------------------------

9/10日本先行発売きました!!!!!
ボーナストラックもあって、余計な輸入盤を買わなくて済みます(^^;)

[2014/07/05] 初UP
[2014/08/25] 上げ
go page top

2014/09/22:[CD] Live At Bush Hall 2007

20140922_EAGCD535.jpg
Live At Bush Hall 2007
/ Gary Moore

EU - Eagle Records - EAGCD535(CD) - 2014/9/22

1.If The Devil Made Whisky
2.Thirty Days
3.Trouble At Home
4.Hard Times
5.Eyesight To The Blind
6.I Had A Dream
7.Too Tired
8.Gary's Blues 1
9.Don't Believe a Word
10.Still Got The Blues
11.Walking By Myself
12.The Blues Is Alright
13.Sundown

Live at Bush Hall, London, UK on 17th May, 2007.
Gary Moore(G,Vo)
Vic Martin(Key)
Pete Rees(B)
Brian Downey(Dr)

The late Gary Moore was one of the finest and most respected guitarists of his generation. This show, recorded at London’s Bush Hall on 17th May 2007, was originally broadcast by Planet Rock radio. This is the first time the recording has been made available outside of this original broadcast. The concert features a number of tracks from Gary’s then newly released “Close As You Get” album, many of which he rarely played live after this, alongside classics from his extensive back catalogue. Gary Moore was a great live performer and this CD will be a welcome addition to any fan’s collection.
-------------------------------

オンエアされて、ブートでかなり良質の音源があるだけに新鮮味がありませんが、私の最も好きな時期の音源なので嬉しいですね。ゲイリーの一番好きなアルバムを「Close As You Get」にしたのも楽曲の良さ・複数のギターによるギターサウンドの素晴らしさ・ボーカルの上手さなど全てを兼ね備えたアルバムだったからです。「Close As You Get」は、ブルーズアルバムの最高峰!!!

[2014/06/14] 初UP
-------------------------------
ゲイリー・ムーアのライヴ・アルバム『Live At Bush Hall 2007』が9月発売
ゲイリー・ムーア(Gary Moore)のライヴ・アルバム『Live At Bush Hall 2007』が海外で9月22日発売予定。リリース元はEagle Records。2007年5月17日にロンドンのブッシュホールで行われたコンサートの模様を収めた作品。この模様は当時、英ラジオ局Planet Rockでオンエアされていますが、このオンエア音源となるのかは未発表です。詳細は今後発表される予定

-------------------------------

20140919_0.jpg
20140919_1.jpg

[2014/07/01] ジャケ画像を入手しました
[2014/07/02] 公式サイトが更新
ひさしぶりに公式サイトが更新されていました。トラックリストがかなり違っていましたので修正しました。もし、ここから曲目をコピーされ方がいらっしゃいましたら、お手数ですが修正してください。m(_ _)m
20140705_AmaUK.jpg
go page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。