04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

プロフィール

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

最新トラックバック


r246c's room for GARY MOORE.

Gary Moore(ゲイリームーア)の大ファンです。

お知らせ

中途半端な状態ではありますが、掲載しました記事にコメント等ありましたら、お気兼ねなく書き込み下さい。また、記載した情報に間違え等ある場合がありますので、購入等の際はご自分でご確認の上、自己責任でお願い致します。記載ミス等ご指摘頂ければ幸いです。それでは、宜しくお願い致します(^^)/ r246c. (Since 2011/3/1)

go page top

Topics

go page top

最新記事

go page top

2008:Album"Bad For You Baby" Gary Moore

2008_bfyb.jpg

2008
"Bad For You Baby"
Gary Moore

1.Bad For You Baby 2:54
2.Down The Line 2:56
3.Umbrella Man 3:39
4.Holding On 3:47
5.Walkin' Thru The Park (Morganfield) 3:00
6.I Love You More Than You'll Ever Know (Al Kooper) 10:37
7.Mojo Boogie (J.B.Lenoir) 3:33
8.Someday Baby (Morganfield) 3:35
9.Did You Ever Feel Lonely? 6:11
10.Preacher Man Blues 5:58
11.Trouble Ain't Far Behind 9:45
----------
[Bonus track on Japanese-CD, UK-LP and MP3-download]
12.Picture On The Wall (Lightnin' Hopkins) 4:03

Gary Moore(Vo,G,Harmonica)
Vic Martin(Key)
Pete Rees(B)
Sam Kelly(Dr)

Otis Taylor(Banjo) 10
Cassie Taylor(Backing vocal) 4,10

テイラー一家:
Otis Taylor(父)
Carol(母) 1985年に結婚
Cassie(長女) Vo,Bass←GM息子Jack Mooreとバンドを組む。
Jxx(次女)

2008_bfybALs.jpg

2008_01.jpg

・ツアーをやり続けることで、エネルギーレベルが上がっていった結果、前作よりもアグレッシブになった。
・前回のツアーで疲れたブライアンダウニーは休養。アルバムでは替わりにサムケリーになったが、ツアーでは、またブライアンダウニーが復帰する。(2008/4/18-11/16)
・レコーディングは、2008年1~2月の間に行ったが完成せず、ツアーの合間にも行い、6月にミキシングをして終了した。ツアーとスタジオの行ったり来たりで、その都度、頭り切り替えが大変で、変な感じだった。
・ボーカル以外は、バンドでLIVE録音。事前にLIVEで演奏してしたのでレコーディングでも良い成果が出た。
・ラジオ「PLANET ROCK」に出演したおかげで、沢山の素晴らしいブルーズ曲に巡り会うことが出来た。カバーが多いのはラジオがきっかけ。
・「Mojo Boogie」は、ジョニーウインターのバージョンからアイデアを貰った。
・「I Love You More Than You'll Ever Know」は、ダニーハサウェイのバージョンのカバー。美しいブルーズ系バラードで素晴らしい。
・「Someday Baby」は、エディボードのバージョンをカバーした。曲と歌詞が好き。
・「Picture On The Wall」を取り上げた理由は、前作同様にアコギの曲を取り上げたかったから。
・「Down The Line」は、アップテンポのカントリー曲に挑戦したかった。12小節でやっているから、カントリーブルーズであって、本物のカントリーウエスタンではない。
・「Bad For You Baby」「Umbrella Man」は、アグレッシブ(ハードロック寄り)に演奏した。初めの3曲は、意識してアグレッシブにやっている。1980年代のようなロックスタイルには戻らないけどね。

2008_03.jpg

[使用機材]
・フェンダー テレキャスター1968年製「Bad For You Baby」「Down The Line」以前、ボトルネック用に使用していたテレキャス
・地元で購入した新しめのギブソン レスポールが2~3本
・ギブソン レスポール VOS 1950年代のダークなバックのゴールドトップ「Umbrella Man」「I Love You More Than You'll Ever Know」
・ギブソン ES-335「Holding On」「Did You Ever Feel Lonely?」

・フェンダーDual Showmanをマーシャルキャビネ(セレクションSP)「Someday Baby」
・フェンダーVibrolux Reverv 1960年代初期リイシュー(40W)内蔵リバーブON「Holding On」
・マーシャルアンプ「Umbrella Man」

・ペダルは、チューブスクリーマをちょっと使っただけ。

[2011/03/09] 初UP
[2011/09/10] アルバムについて、使用機材、画像

go page top