04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

プロフィール

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

最新トラックバック


r246c's room for GARY MOORE.

Gary Moore(ゲイリームーア)の大ファンです。

お知らせ

中途半端な状態ではありますが、掲載しました記事にコメント等ありましたら、お気兼ねなく書き込み下さい。また、記載した情報に間違え等ある場合がありますので、購入等の際はご自分でご確認の上、自己責任でお願い致します。記載ミス等ご指摘頂ければ幸いです。それでは、宜しくお願い致します(^^)/ r246c. (Since 2011/3/1)

go page top

Topics

go page top

最新記事

go page top

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tb: -- |  co: --
go page top

テレキャスターのピックガード

PG00.jpg
弦を外してピックガードを外してみたところ・・・

PG01.jpg
22フレットの仕様のため、フロントピックアップとネック間が狭い特別な形状のピックガードと思いきや、ネックの下にピックガードが隠れていて、ごく普通のピックガードの形の姿を現しました。これなら、市販のピックガードが装着可能か?

PG02.jpg
左の黒色がFENDER製の標準ピックガードです。右が私の偽物テレキャスターのピックガードをスキャン。

PG03.jpg
一見、形状や穴位置など似ていますが、重ねてみると明らかに異なる穴位置。ギターに新たな穴を明けてしまえば解決しますが、やはりちゃんとしたものにしたいので、ピックガードはその道のプロ工房に発注することにしました。手作りだと、失敗するか汚くなるのが目に見えていますのでチャレンジせず(^^;)

PG04.jpg
あと気になっていたのが、ピックガードとブリッジ間の隙間。隙間が広くてボディの露出が大きすぎるのです。どうせ特注なのですから、ここを7mm伸ばして隙間を小さくすることにしました。

PG05.jpg
これが完成予定図です。黒の3層(黒白黒)で黄緑の部分を伸ばすと。あと、これから届く新ピックアップがこの穴位置で本当に大丈夫なのかを確認してから工房に発注します。道のりは長いですね。

スポンサーサイト
go page top

テレキャスターの解体

TC01.jpg
それでは、テレキャスターの解体の始まり!

TC02.jpg
先ずは、8点止めのピックガードを外します。ちなみに、52年式がビス5点止めで、62年式以降がビス8点止めだそうです。ゲイリームーアのは68年式なので8点止めということですね。

TC03.jpg
ボリュームポットの型名、抵抗値、カーブ種類が記載されていませんでしたが韓国製でした。特に問題はありませんでしたが、電気回路は全て交換します。

TC04.jpg
とにかく半田付けが適当。リアピックアップのアース線は外れていました(--;)配線も細くて粗末なものなので配線を換えるだけでもかなりの効果が期待できそうです。各PU、ジャックへの配線が全てトンネルをくぐっているので配線を撤去しないと、全てが外せないという・・・トンネルでなく、全て完成した回路を上からすっぽり入れる形式にしておけば、製作工程も楽になると思うのだけど・・・

TC05.jpg
全て外しました。これより、ミリなのかインチなのかを調べて、各パーツを一つ一つ吟味してくみ上げたいと思います。コンデンサは、トーン回路に一つ付いているだけでした。ボリュームの端子間にコンデンサを増設することで、ボリュームを絞ってもあのテレキャスならではの良い音が鳴るように改造したいと思います。

TC06.jpg
ということで、現在は抜け殻のまま放置中です。音が鳴るまで一ヶ月ぐらいかかりそうです。

go page top

[新刊] beatleg magazine 2011年7月号 vol.132

bl201107.jpg
[新刊]
beatleg magazine 2011年7月号 vol.132

出版社:レインボウブリッジ
発売日:2011/6/1(一部5月31日)
価格:1,200円

特集 : インターネット時代のレア音源
Genesis
Neil Young
Led Zeppelin
Pink Floyd
Robert Plant
Whitesnake
Eric Clapton
Gary Moore Part Ⅴ 2002-?
Rush
Bon Jovi
Prince
ZAPP
etc...

[バックナンバー]
2010/02月号Vol.115 - Part I 70's
2010/05月号Vol.118 - Part II 80's 1
2010/06月号Vol.119 - Part II 80's 2
2011/05月号Vol.130 - Part III 90's-1
2011/06月号Vol.131 - Part IV 1995-2001
2011/07月号Vol.132 - Part Ⅴ 2002-?

まだ続くのでしょうか?

go page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。