12«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»02

プロフィール

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

最新トラックバック


r246c's room for GARY MOORE.

Gary Moore(ゲイリームーア)の大ファンです。

お知らせ

中途半端な状態ではありますが、掲載しました記事にコメント等ありましたら、お気兼ねなく書き込み下さい。また、記載した情報に間違え等ある場合がありますので、購入等の際はご自分でご確認の上、自己責任でお願い致します。記載ミス等ご指摘頂ければ幸いです。それでは、宜しくお願い致します(^^)/ r246c. (Since 2011/3/1)

go page top

Topics

go page top

最新記事

go page top

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tb: -- |  co: --
go page top

2013/01/31:[本] フェンダーストラトキャスターコレクション

20130131mag.jpg
シンコー・ミュージック・ムック
フェンダー・ストラトキャスター・コレクション

判型 : A5判
ページ数 : 164ページ
定価 : 1,575円
ISBN : 978-4-401-63783-6
発行所 : シンコーミュージック・エンタテイメント
発売日: 2013/1/31

その誕生から間もなく60年を迎えるエレクトリック・ギター界の至宝、フェンダー・ストラトキャスターの魅力をハンディに楽しめる、ミュージシャンズ・ギター・ブック・シリーズの第二弾(第一弾は『ギブソン・レスポール・コレクション』)です。プロ・ギタリストご用達の愛機としてロック史上の名盤や感動のライヴ・パフォーマンスで実際に使用されたストラトキャスターを始め、あまり目にする機会のないミュージシャンの秘蔵モデルもエピソードを交えて紹介。マニアには気になるヴィンテージ・ストラト歴代モデルの各パーツ変遷にも言及します。ストラトキャスターの魅力を語るプロ・アーティストのインタビューや極上のストラト・サウンドが楽しめる名盤紹介の他にも、ストラト愛好者には堪らない記事やコラムが充実!

【CONTENTS】
Pin-ups

スーパー・ギタリストのストラトキャスター
サンバースト~カスタム・カラー他
'54年から'70年代まで…
名演・名盤とともに時代を彩ったギタリストの愛機大公開!

ヴィンテージ・カスタム・カラー・ギャラリー
フェンダーが持つもうひとつの顔“カスタム・カラー”

1957年製ヴィンテージ・ストラトの内部を見る
あの“ブラウニー”にも通じるヴィンテージ・サンバーストをバラす

鈴木 茂×中野督夫 完熟トリオ
円熟のストラト・マスター、最愛のストラトを語る

フェンダー・ストラト・キャスター変遷ガイド
1954-1970

Let's Talk About The Fender Stratocaster!
岸田邦雄

コラム/英・米・日ストラト・ギタリスト考

特別再録インタビュー
イングヴェイ・J・マルムスティーン
土屋昌巳

これぞストラト名盤 こだわりの100枚
---------------------------------------
スポンサーサイト
go page top

1971:[YouTube] Night of the Warm Witch / Skid Row


Skid Row - Night of the Warm Witch

Artist: Skid Row - Original blues-rock Irish band from Dublin.
Album: 34 Hours
c1971

Gary Moore -- Guitar, Vocals
Brush Shiels -- Bass, Vocals
Noel Bridgeman -- Drums, Vocals

グリーニーバーストがまだ12歳(=1971-1959)の時のギターサウンドです。
go page top

1990/05/11:[YouTube] An Evening Of The Blues


Gary Moore & The Midnight Blues Band - still got the blues LIVE FULL

An Evening Of The Blues:
1. Oh Pretty Woman
2. Walking By Myself
3. All Your Love
4. Still Got The Blues
5. Too Tired
6. Farther On Up The Road
7. Texas Strut
8. Moving On
9. Midnight Blues
10. King Of The Blues
11. Stomy Monday
12. Caldonia

Live at Hammersmith Odeon, London, UK on 11th May, 1990.
Gary Moore(Vo,G)
Don Airey(Key)
Andy Pyle(B)
Graham Walker(Dr)
with
The Midnight Blues Band

Special guests:
Albert Collins(5,6,12) and Albert King(11,12)
go page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。