01«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.»03

プロフィール

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

最新トラックバック


r246c's room for GARY MOORE.

Gary Moore(ゲイリームーア)の大ファンです。

お知らせ

中途半端な状態ではありますが、掲載しました記事にコメント等ありましたら、お気兼ねなく書き込み下さい。また、記載した情報に間違え等ある場合がありますので、購入等の際はご自分でご確認の上、自己責任でお願い致します。記載ミス等ご指摘頂ければ幸いです。それでは、宜しくお願い致します(^^)/ r246c. (Since 2011/3/1)

go page top

Topics

go page top

最新記事

go page top

1982/02/04:[Demo] Don't Take Me For A Loser


Gary Moore/Gary Barden - Don't Take Me For A Loser DEMO

Wiki:
>>Barden worked with Gary Moore on the demos of what would later become Moore's Corridors of Power album.

グラハムボネットがマイケルシェンカーグループに加入したため、無職となったゲイリーバーデンがゲイリームーアと接触し、1982年初旬、デモテイクを録音していました。ラフミックスのデモテイクでもクオリティ高い音源です。あと数曲あるはずです。その後、ゲイリーバーデンは、1982年8月27日から29日にかけて行なわれたレディング・フェスティバルで再びMSGに復帰しますが、ゲイリームーアとMSGを天秤にかけてMSGを選んだのか、それとも高域が全く出せないのでクビになったのか・・・ゲイリームーアは、同じレディング・フェスティバルでチャーリーハーンを再起用。アルバム「大いなる野望」の録音はゲイリームーア自身がボーカルを取りました。ゲイリーバーデンは、マイケルシェンカーグループでこそ活きるボースリストですし、大いなる野望は、ゲイリームーア自身で歌ってこその大ヒットアルバムだったので結果オーライと。


これだけクオリティ高いデモ音源があるのならば、「大いなる野望デラックスエディション」が作成できるかも・・・

1982readingfes.jpg

Amazon CDレビューより
----------------
GARY JOHN BARDENは、ロンドンのハムステッドに住んでおり、近所に居たGARY MOOREのアルバム、CORRIDOR OF POWERのデモで歌ったが、完成したアルバムではGARY MOORE自身が歌っていた。
-----------------
go page top

初雪

20130219_snow.jpg
2/19に初雪が降りました。また、先週から花粉症&風邪でダウンでブログをサボっています。m(_ _)m

2月に入って「Rockin' And Rollin'」「Nuclear Attack」「Dallas Warhead」のオケを作成して、ギターの練習をしていたのですが、全く弾けずに挫折。いつものように適当に誤魔化すことも出来ませんでした。気分転換に「Texas Strut」を5,980円ストラトで録音したのですが、キーが低くてボーカルが歌えず(^^;)4曲連続失敗のせいもあり、ギターは、当分弾く気が無くなってしまいました(^^;)耳コピもオケの打ち込みもしばらくやる気力無しの無気力状態。

また、ゲイリーの新譜情報は全く無し。再発にしても上のトピックスに記載した「Blues Alive」とシンリジィの「Night Life」のみ。CDやDVDの全く売れない時代なので、リリース情報も激減してしまいましたね。GMRサイトの更新もすることがありません。更にYouTubeに新動画のUPも無し・・・3/1からブログ3年目に突入するのですが、全てにおいて失速中(^^;) ネタも特に無いし空白期間が長くなりそうです。
go page top

2013/05/:[CD] The New Album / Aireya 51

DonKeith.jpg
AIREYA 51の新アルバムが2013/5月リリース予定

Line up:
Keith Airey(guitar vocals keys blues harp)
Kerry Gallagher(vocals)
Bob Skeat, James Leach & Olivia Airey(bass)
Jon Finnegan(drums)
Don Airey(guest Keys)

The New Album - February 18, 2013
We are 3/4 way through the new album, 3 songs to go. Intended release is May 2013.

先月購入した1stアルバムは、ジミヘンとレインボーを足したようなポップロックブルーズなアルバムでした。ジミヘンとレインボーは、大好きなのですが、いかんせんカリスマ性が無いというか、曲が弱いというか・・・エイリー兄弟のテクニックは認めるのですが・・・曲次第で化けるバンドと思います。2ndアルバムに期待してみましょうか。。
go page top