03«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

プロフィール

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

最新トラックバック


r246c's room for GARY MOORE.

Gary Moore(ゲイリームーア)の大ファンです。

お知らせ

中途半端な状態ではありますが、掲載しました記事にコメント等ありましたら、お気兼ねなく書き込み下さい。また、記載した情報に間違え等ある場合がありますので、購入等の際はご自分でご確認の上、自己責任でお願い致します。記載ミス等ご指摘頂ければ幸いです。それでは、宜しくお願い致します(^^)/ r246c. (Since 2011/3/1)

go page top

Topics

go page top

最新記事

go page top

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tb: -- |  co: --
go page top

Gibson Custom Shop Historic Collection 1958 Les Paul

20100706_x.jpg
21年ぶりの来日そして2010年のメインギターだったヒスコレ58の2013年製の新スペックギターです。ゲイリーが最後の最後に選んだレスポールギターの進化(退化!?)版で、ブルーズ曲からハードロック曲までこなしました。色は迷わず「Ice Tea VOS Finish」! 何故、59ではなく58なのかはネックの太さの違いによるもの。太めのネックがほしいゲイリーは59ではなく58をチョイスしました。4月上旬に既に日本に上陸していますので、現物を楽器店で確認してみて下さい。相場は、35~40万円と思われます。

2013_58LP1.jpg

Gibson Custom Shop Historic Collection
1958 Les Paul Standard
VOS 2013 Ice Tea


ヒスコレが20周年記念で全面モデルチェンジし日本上陸。ネックジョイントにはビンテージ同様のニカワ接着を採用。従来のタイトボンドを使用したモデルと明らかに違うトーンを持つのは勿論、加熱によるダメージフリーな修復が可能となり、一生モノのギターとして安心してメンテナンスを受けることができる。かつてのオリジナルレスポールに採用されていた"アニリン染め"によるボディーバックの塗装が復活。紫外線による褪色が早く、また工場での作業の難しさから廃止されていた技法は、マホガニーに目止めをする際に2種類の赤い粉末をフィーラーに混ぜて着色する方法で、素材本来の美しい木目を際立たせ、オールド・レスポール特有の高級感溢れるフィニッシュとなる。

2013_58LP2.jpg

2011年に登場したクラプトン「Beano」レスポールに搭載された、新たなPAFレプリカPU「Custombucker」を標準装備。ボビン毎のターン数を微妙にずらし、絶妙の枯れたトーンを生み出す。Alnico IIIとの組み合わせでアグレッシブなドライブとビンテージ感を同時に満たす、レンジの広いPU。テールピース・スタッドには、従来のヒスコレに採用されていたものより3mm程長いスチール製のボルトを採用。ボディーとの接地面積がアップ、弦の振動をより確かに伝え、ボディー鳴りも余すこと無くサウンドへ還元、より甘く、より太い倍音とサスティーンを生み出します。トラスロットの形状もビンテージそのものの形を踏襲。マニア心をくすぐります。バインディングのカラーもよりビンテージらしいダークなカラーに変更。ペグにはビンテージに限りなく近いKluson「Deluxe」チューナーを採用。その形状、機能もリアルに復元。

2013_58LP3.jpg

2013年モデルとして多くのマイナーチェンジを施されたヒストリックコレクション。従来の1958と同じセットアップで比較すると出力にそれほど差は感じませんが、音質的な部分ではよりタイトでスッキリと引き締まった低音、抜けのよいクリアな中高域が特徴的で、ドライでクリスピーな印象と、つややかな音色を持った心地よいトーンニュアンスを持っている。

2013ニュースペック:
Body : Curved Plain Maple/Solid Mahogany w/Aniline Dye
Neck : 1P Mahogany W/Long Neck Tenon/Early ’50s Rounded
Nut width : 1 11/16"
Scale : 24.75"
Fingerboard : Rosewood 22frets
Bridge : ABR-1&Lightweight Aluminium Stopbar Tailpiece
Pickups : Custom Bucker
Tuners : Kluson Deluxe machine heads
Control : 2Volume-2Tone-3way Selector SW
Weight : 4.1kg

2013_58LP4.jpg
スポンサーサイト
go page top

「Still Got The Blues」のレッスンビデオ


Part 1 - Still Got The Blues Solo Live Version (Tutorial)


Part 2 - Still Got The Blues Solo Live Version (Tutorial)

This is a step by step tutorial/lesson on a Live version style of Gary Moore's 'Still Got The Blues' Solo.
I loosely base this version I will teach from this Bucuresti 2010 version below, so click on the link to watch - http://www.youtube.com/watch?v=yPtfnR...

数ある「Still Got The Blues」のレッスンビデオですが、この方が一番良いかなと。。凄い丁寧でフィーリングが良いです。
go page top

ELIXIR弦

愛用しているエリクサー弦ですが、前回から09-46から09-42と細くし、今回はNANOWEBからPOLYWEBに変更し、比較してみて良い方を一生使うパートナーにしようと思います。

elixir.jpg

ELIXIR - POLYWEB Super Light / 09-42
ELIXIR - NANOWEB Super Light / 09-42


POLYWEB:
ポリウェブコーティング弦はバランスの良い落ち着いた音、つまり普通の弦をしばらく弾き慣らした後のような音質と共に、耳障りなフィンガーノイズが極めて小さく抑えられた、非常にスムーズ感触が得られます。

NANOWEB:
ナノウェブコーティング弦はコーティングしていない弦に非常に近いものです。音は明るく生き生きとしており、コーティング層が極薄なので感触もコーティングの存在が分からないほどです。



この差が体感できるのか楽しみです。

うちの職場は変則的で、今日まで仕事で明日からGWに突入します。特に行くところもないので(悲)、三ヶ月ぶりにギター弾きを再開。この時期は、毎年、花粉症で弾く気力が無いんですよね。。。
go page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。