01«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.»03

プロフィール

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

最新トラックバック


r246c's room for GARY MOORE.

Gary Moore(ゲイリームーア)の大ファンです。

お知らせ

中途半端な状態ではありますが、掲載しました記事にコメント等ありましたら、お気兼ねなく書き込み下さい。また、記載した情報に間違え等ある場合がありますので、購入等の際はご自分でご確認の上、自己責任でお願い致します。記載ミス等ご指摘頂ければ幸いです。それでは、宜しくお願い致します(^^)/ r246c. (Since 2011/3/1)

go page top

Topics

go page top

最新記事

go page top

2015/03/25:[本] あなたの知らないギターインストの世界

20150325_inst.jpg
有識者が選んだ!
あなたの知らないギター・インストの世界!
/ リットーミュージック出版部


単行本(ソフトカバー): 144ページ
出版社: リットーミュージック
ISBN-13: 978-4845625833
発売日: 2015/3/25
価格: ¥ 2,160円

野呂一生、鈴木茂、佐橋佳幸、小倉博和、松本孝弘、押尾コータロー、沖仁、マーティ・フリードマン、GM編集長など、ギター有識者達が選ぶ800の名演!

歌なし楽器のみで演奏される音楽=インストゥルメンタル。特にギターが中心のものをギター・インストゥルメンタル、略してギター・インストと呼びます。そんなギター・インストのガイド本が登場。プロ・ギタリスト、ギター講師、ギター・マガジン(以下GM)の歴代編集長、アコースティック・ギター・マガジン(以下AGM)の歴代編集長といった“ギターを愛するプロ=ギター有識者"が吟味した、“本当に役立つ"ギター・インスト名演が凝縮された1冊です。

【CONTENTS】
■一度は聴いておきたい! ギター・インスト定番10
ジェフ・ベック、サンタナ、ラリー・カールトン、高中正義、ザ・ベンチャーズ、渡辺香津美、カシオペア、ゲイリー・ムーア、マイケル・シェンカー、スティーヴィー・レイ・ヴォーンが演奏した、定番の名演とは?

■有識者が選ぶ! 私的ギター・インスト名演10
野呂一生、鈴木茂、佐橋佳幸、小倉博和、松本孝弘、押尾コータロー、沖仁、マーティ・フリードマン

相川浩二(AGM編集長)、安東 滋、井桁 学、石沢功治、いちむらまさき、井上秀雄(元AGM編集長)、打田 十紀夫、海老澤祐也、遠藤康之、岡弘二、岡見高秀(元GM編集部)、小川智也、小倉よしお、梶原稔広、加納大嗣(元GM編集部)、亀井たくま、加茂フミヨシ、日下義昭、久保木靖、ケリー・サイモン、小林信一、小林直樹、古森 優(元GM編集長)、近藤正義、坂口和樹(GM編集部)、佐々木秀尚、杉坂功太(元GM編集部)、鈴木健也(地獄シリーズ編集)、鈴木伸明(GM編集部)、関口真一郎、高野 順 、竹田 豊、田光マコト、谷 泰幸(タワーレコード)、トモ藤田、中島康晴(元GM副編集長)、中村天佑、成瀬正樹、西沢フミタカ(Tokyo Headphone Magazine編集長)、西山隆行、額賀正幸(元GM編集部)、野口広之(元GM編集長)、野田雅之、野村大輔、橋本修一(元GM編集部)、馬場雅之(タワーレコード)、林 幸宏、Hidenori、尾藤雅哉(GM編集長)、藤岡幹大、細川真平、堀沢俊樹、松井祐貴、丸山正剛、三上裕介(元GM編集部)、道下和彦、南澤大介、宮脇俊郎、矢堀孝一、山口和也、山本彦太郎、養父 貴、渡辺具義

■ギター・インストがもっと楽しくなる!あなたの知らないギター・インストの話
ブルース+αの重ね味ギター・インスト
黒人カントリー・ブルースマンによるインストの名演
ギターをフィーチャーしたジャズ黄金期のビッグバンド
TVや映画で奏でられたギター・インストの世界
カントリー系ギター・インストの定番名演とお宝名演ガイド
独奏の達人が語るギター1本のインスト、他
------------------------------

アルバム「Wild Frontier」のジャケットが表紙にあるので、取り上げられているのはロナーでしょうか???
go page top

2014/03/12:[Blu-ray] Live in Tokyo 2014 1st Night

201404_msgBD.jpg
Live in Tokyo 2014 1st Night
/ Michael Schenker's Temple of Rock

日本 - Alexandwe & X-Avel - ALX-BD-001(BD) - 2014/04?

01.Neptune Rising
02.Where the Wild Wind Blows
03.Lovedrive
04.Another Piece of Meat
05.Assault Attack
06.Armed & Ready
07.Into the Arena
08.Attack of the Mad Axeman
09.Rock My Nights Away
10.Coast to Coast
11.Before the Devil Knows You're Dead
12.Horizons
13.Lord of the Lost and Lonely
14.Only You Can Rock Me
15.Band Introduction
16.Shoot Shoot
17.Let It Roll
18,Lights Out
19.Too Hot to Handle
20.Blackout
21.Rock You Like a Hurricane
22.Rock Bottom -encore-
23.Holiday
24.Doctor Doctor

[Live at Nakano Sun Plaza Hall, Tokyo, Japan 12th March 2014]
Michael Schenker - Guitar
Doogie White - Vocal
Wayne Findlay - Guitar, Keyboards
Francis Buchholz - Bass, Vocals
Herman Rarebell - Drums

2014年ジャパン・ツアーより、ツアーのラストを締めくくる東京2公演のうち初日となる、3月12日中野サンプラザ公演を、2F席前方からシューティングされたHDカメラからの良好映像からダイレクトにブルーレイ化。ライブ冒頭の「Neptune Rising」のみ音声だけの収録ながら、「Where the Wild Wind Blows」以降はほぼコンプリート収録されており、しかも最新デジタル機材を使用し、クローズ・ショットを多用した映像はマイケルの運指までカンペキに捕らえており、そのクリアーさは驚異的。しかも音声は別レコーディングされたデジタル・マスターをマトリックスするというこだわりで、当日の会場の興奮をリアルに再現。
そして今回のツアーは、前作のタイトルである「Temple of Rock」をプロジェクト名に冠し制作された新作「Bridge the Gap」を引っ提げ、ヴォーカルには実力派ドゥギー・ホワイトを迎え、近年プレイ的にも精神面においても非常に安定しているマイケルは、この日も絶好調。そして前回ツアーより帯同しているハーマン・ラレベルに加え、今回はベーシストとしてフランシス・ブッフホルツも参加、よりスコーピオンズ色の強まった編成で、会場中に拍手が湧き上る中、新曲のインスト「Neptune Rising」で幕を開けるオープニングはいきなりの聴き所。そして「Where The Wild Wind Blows」から登場するドゥギーは、前年の"Voices Of Rainbow"以上に好調なヴォーカルを披露。そして場内の興奮がピークに達する「Into The Arena」から、後半に連発されるUFOナンバーはもう壮快で、マイケルのギターが空間いっぱいに広がる「Rock Bottom」、会場の合唱と拍手がバンドの演奏と渡り合うようなラストの「Doctor Doctor」などは感動もの!
------------------------------

来日の予習のために入手してしまいました。。。とてもクリアな映像で驚きました。マイケルシェンカーのギターのキレは、全く衰えていません。神がかっています。20年ぶりに観たドゥギーは太くなっていて衣装が何とも・・・手拍子や合唱を何度も強要してくるのは、ちょっとうざいかも(^^;) テンプルオブロックの新譜リリースが一週間後に迫りましたし、6月の来日が楽しみでなりません。
go page top

1990&1997:[YouTube] Live at Montreux 1990 + 1997


Gary Moore & The Midnight Blues Band - Live at Montreux 1990 Full Concert HQ

1990 Performance
0:00:00 - Oh Pretty Woman
0:05:20 - Walking By Myself
0:09:40 - The Stumble
0:13:17 - All Your Love
0:17:30 - Midnight Blues
0:24:10 - You Don't Love Me
0:28:20 - Still Got The Blues
0:36:18 - Texas Strut
0:49:30 - Moving On
0:53:17 - Too Tired (featuring Albert Collins)
0:56:55 - Cold Cold Feeling (featuring Albert Collins)
1:05:30 - Farther Up the Road (featuring Albert Collins)
1:11:11 - King of The Blues (with Albert Collins)
1:20:10 - Stop Messin' Around
1:26:40 - The Blues is Alright (with Albert Collins)
1:36:00 - The Messiah Will Come Again

1997 Performance (Bonus Songs)
1:46:55 - Out In The Fields
1:55:09 - Over The Hills & Far Away
2:02:06 - Parisienne Walkways
go page top