04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

プロフィール

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

最新トラックバック


r246c's room for GARY MOORE.

Gary Moore(ゲイリームーア)の大ファンです。

お知らせ

中途半端な状態ではありますが、掲載しました記事にコメント等ありましたら、お気兼ねなく書き込み下さい。また、記載した情報に間違え等ある場合がありますので、購入等の際はご自分でご確認の上、自己責任でお願い致します。記載ミス等ご指摘頂ければ幸いです。それでは、宜しくお願い致します(^^)/ r246c. (Since 2011/3/1)

go page top

Topics

go page top

最新記事

go page top

[News] 羽生選手、金メダルおめでとう!!!

20140215_1.jpg

昨晩は、何度も停電に見舞われ生で観れず寝てしまいました(泣)
朝からTVを点けると羽生選手と大雪のニュースばかり。日本初の金メダルということでやってくれましたね。フリーでは転倒もありヒヤヒヤしましたが、前日の「パリの散歩道」での史上初100点オーバーのパーフェクトなショートプログラムは、一生忘れることはないでしょう。約35年前のゲイリームーアの大ヒット曲「パリの散歩道」をこんなに聴ける日が来るとは夢にも思いませんでした。ありがとう、羽生選手。そして、金メダルおめでとうございます。

-----------------------------
羽生が金メダル!4回転ジャンプ転倒も史上初の快挙
デイリースポーツ 2月15日(土)3時42分配信
 前日のSPでは、国際スケート連盟(ISU)公認大会で初めての100点超えを記録。SP曲に使用した英ギタリスト、故ゲイリー・ムーアさんの「パリの散歩道」が着うたダウンロード洋楽1位になるなど、日本列島が“羽生色”に染まっていたが、金メダル獲得でさらに「羽生フィーバー」の勢いが増しそうだ。

-----------------------------
早くも羽生フィーバー!SP曲が大反響 アクセス数は600倍に
デイリースポーツ 2月15日(土)6時58分配信
 フィギュアスケートの羽生結弦選手(19)が世界最高得点をたたき出したショートプログラム(SP)曲「パリの散歩道」が大反響を呼んでいることが14日、分かった。同曲は北アイルランド出身のロック歌手、故ゲイリー・ムーア氏の78年のアルバムに収録された代表曲。現在発売されているCD2作品は品切れで、発売元のユニバーサルミュージックには連日1000枚以上の注文が殺到し、生産が追いつかない状況という。また、ムーア氏の曲紹介サイトへのアクセス数は通常の600倍の1日3万件超えに。担当者は「ここまでの反響は想像以上でびっくりしている」と話した。音楽配信サイト「レコチョク」の洋楽ロック週間ランキング(5~11日)では、6日の団体戦出場後からダントツの1位に急上昇している。

-----------------------------
20140215_4.jpg
フィギュア羽生SP曲、5日連続1位!アルバム品切れ状態
サンケイスポーツ 2月15日(土)7時0分配信
 ソチ五輪のフィギュアスケート男子ショートプログラム(SP)で羽生結弦選手(19)が使用した曲「パリの散歩道」が大きな注目を集めている。英・北アイルランドのギタリスト、ゲイリー・ムーア(享年58)が1978年に発表した同曲は、6日の団体SP後から配信数が急上昇。大手配信サイト、レコチョクの「洋楽・うた デイリーランキング」で9日から5日連続1位を獲得中だ。 同曲が収録されたムーアのアルバム「バック・オン・ザ・ストリーツ」と「メモリアル・コレクション」は品切れ状態で、ユニバーサルミュージックが運営するムーアの公式HPは通常の600倍のアクセスが殺到。同曲などソチ五輪・フィギュア日本代表の使用曲を収録した配信アルバム「フィギュア・スケート2014」も12日から配信され、14日のiTunesポップスアルバムランキングで6位に急浮上した(午後9時時点)。

-----------------------------
羽生SP曲「パリの散歩道」が急上昇
日刊スポーツ 2月15日(土)7時8分配信
 羽生結弦(19=ANA)がソチ五輪フィギュアスケート男子ショートプログラムで使用した楽曲「パリの散歩道」の配信が、急上昇している。6日(日本時間7日)の団体戦出場後、音楽配信サイト「レコチョク」の洋楽ロック週間ランキング(5~11日)では「断トツの1位」(担当者)に急上昇し、14日のデーリーチャートでも1位。同曲は、北アイルランド出身のギタリスト、故ゲイリー・ムーア氏(写真=共同)による78年のアルバムに収録された代表曲で、ガラケーと呼ばれる従来型の携帯電話でのダウンロードも多いという。むせび泣くようなギターの音色にひかれた往年のロックファンが、こぞって着信音にしたとみられる。

-----------------------------
羽生、止まらぬ進化 史上最高点 4回転完璧、大舞台で躍動
河北新報 2月15日(土)9時28分配信
 五輪の舞台でSP3桁の壁を破った。「こういう素晴らしい舞台で100点超えなんて。考えてもみなかった」。普段は見せないガッツポーズ、それも特大のを見せた。演技前の6分間練習。音楽を聴きながら細かく体を動かす様子はいつも通りだが、表情から緊張しているのは明らかだった。「団体戦とは全く違う。足が震えるほど」。しかし、ゲイリー・ムーアの官能的なギターの調べが響くころには19歳が戦士の顔つきに戻る。毎年プログラムを変える選手が多い中、羽生はシーズン前に振付師と話し合った上で「パリの散歩道」を2年連続で選んだ。「賢い選択だった」と話すのはオーサー・コーチ。基礎点が1.1倍になる後半に2種類のジャンプを跳ぶ極めて難易度の高い演技構成だが、2年掛けて完全に手中にしている。だからこそ大舞台の緊張の中でも自分の演技を貫ける。

------------------------------
20140215_3.jpg

20140215_2.jpg
これでパリ散フィーバーも終わり、次は今年最大のゲイリーからのプレゼント。最後のレコーディングを収録したドンのソロアルバム発売が間近になりました。海外では、2/17発売とされているので日本上陸もそろそろと思われます。ソングフォーアル以上の泣き?に期待しましょう。
go page top

この記事に対するコメント:

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック:

トラックバック URL
→http://garymoore.blog.fc2.com/tb.php/2011-6e94d2d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top