11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

プロフィール

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

最新トラックバック


r246c's room for GARY MOORE.

Gary Moore(ゲイリームーア)の大ファンです。

お知らせ

中途半端な状態ではありますが、掲載しました記事にコメント等ありましたら、お気兼ねなく書き込み下さい。また、記載した情報に間違え等ある場合がありますので、購入等の際はご自分でご確認の上、自己責任でお願い致します。記載ミス等ご指摘頂ければ幸いです。それでは、宜しくお願い致します(^^)/ r246c. (Since 2011/3/1)

go page top

Topics

go page top

最新記事

go page top

GARY MOORE - ST. GOARSHAUSEN 1987

180327213814.jpg
GARY MOORE - ST. GOARSHAUSEN 1987(2CDR)
Live at Loreley Amphitheater, St. Goarshausen, Germany 24th May 1987

 素晴らしきエメラルド・ハードロックの秘録音が登場。“WILD FRONTIER TOUR 1987”の強力ライヴアルバムです。
 本作に収められているのは「1987年5月24日ザンクト・ゴアールスハウゼン公演(西ドイツ)」。その特級オーディエンス録音です。まずは、ワールドツアーの全体像からショウのポジションを確認してみましょう。

《3月9日『WILD FRONTIER』発売》
・3月26日-5月26日:欧州(37公演)←★ココ★
・7月13日-17日:日本(4公演)
・7月24日-9月1日:北米(29公演)

 これが“WILD FRONTIER TOUR”の全容。ヨーロッパ/日本/北米というシンプルな構成ですが、その中で本作のザンクト・ゴアールスハウゼン公演は「欧州」35公演目。日本公演の2ヶ月前ではありますが、公演数的には直前にあたるコンサートでした。
 そんなショウを記録した本作は、凄まじいダイレクト感が炸裂するオーディエンス・サウンド。とにかく距離感がまるで感じられない。現場のリアルな熱狂も吸い込んではいるものの、演奏音/歌声はそれを遙かに凌駕するほど逞しく、図太い。それ以上なのがサウンドボードばりの超クリアさ。実は、現場となったローレライ・アンフィテアトルムは、野外の円形会場(2016年のRAINBOW復活となった会場です)。PAから出力されたサウンドはどこにも跳ね返らず、反響ゼロのまま真っ直ぐに飛び込んでくるのです。
 しかも、超ダイレクトでもある。詳しい録音ポジションは伝わっていませんが、恐らくはPAの間近で録音されている。実のところ、あまりの近さに低音が盛大にビビってしまうのですが、それも冒頭3曲ほど。4曲目の「Wild Frontier」から突如ググッと改善し、その後はそれこそサウンドボードと聞き間違えるような極上のサウンドが現出。ギターや艶やかなボブ・デイズリーのベースはもちろんのこと、ヴォーカルにかかるわずかなエフェクトやコーラスの絡みまで耳元級で描かれるのです。
 そのクオリティで描かれるのが見目麗しき“WILD FRONTIER TOUR”の世界。ゲイリーはキャリアの中でさまざまな音楽に挑戦し、それぞれに名演を残しましたが、“アイリッシュ風味ハードロック”は特別中の特別。彼以外の誰にもできない美旋律と苛烈なギターが全編で轟く。しかも、“WILD FRONTIER TOUR”はその純度が極限まで高められた桃源郷。『WILD FRONTIER』からの5曲を軸に代表曲が並べられたセットは、エメラルドの輝きに充ち満ちているのです。もちろん、そうした音世界はオフィシャル映像『LIVE IN STOCKHOLM』を筆頭にいくつか残されてはいますが、ゲイリーはインプロの鬼でもある。アイリッシュ・ロック時代はわりと作り込んだ曲が多いとは言え、その美フレーズは毎夜毎晩ニュアンスを大きく変える。大きな波のヴィヴラートが細かく震えるフレーズに変わり、ロングトーンのチョーキングがマシンガン・ピッキングに包まれてダイナミズムを増す。その秘宝バリエーションを超クリア・サウンドで味わえるのです。

 返す返すも冒頭3曲のビビリが惜しい。もし、中盤以降のクオリティで全編が貫かれていたなら問答無用の永久保存プレス化は間違いなかった。あと一歩で歴史的超傑作に届かなかったものの、これほどの名録音を闇に埋もれたままにするのはあまりにも勿体ない。二度とは甦らない“エメラルドの美”。その貴重にして究極的な世界。どうぞ、本作でじっくりとご堪能ください。

Disc 1 (46:59)
1. Intro 2. Over The Hills And Far Away 3. Thunder Rising 4. Shapes Of Things
5. Wild Frontier 6. Military Man 7. Empty Rooms

Disc 2 (38:28)
1. Victims Of The Future 2. Out In The Fields 3. Rockin' Every Night 4. The Loner

Gary Moore - Guitar, Vocals Neil Carter - Keyboards, Guitar, Vocals
Bob Daisley - Bass Eric Singer - Drums

Shades 893 \2,500 3月30日(金)発売 ★ギフト対象品
go page top

この記事に対するコメント:

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック:

トラックバック URL
→http://garymoore.blog.fc2.com/tb.php/2782-cf9db50a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top