11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

プロフィール

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

最新トラックバック


r246c's room for GARY MOORE.

Gary Moore(ゲイリームーア)の大ファンです。

お知らせ

中途半端な状態ではありますが、掲載しました記事にコメント等ありましたら、お気兼ねなく書き込み下さい。また、記載した情報に間違え等ある場合がありますので、購入等の際はご自分でご確認の上、自己責任でお願い致します。記載ミス等ご指摘頂ければ幸いです。それでは、宜しくお願い致します(^^)/ r246c. (Since 2011/3/1)

go page top

Topics

go page top

最新記事

go page top

2018/08/23:[本] ザ・ライフ・オブ・グレン・ヒューズ

201808_gf.jpg
ザ・ライフ・オブ・グレン・ヒューズ
(シンコー・ミュージックMOOK)
/ ヤング・ギター企画編集部


ムック: 272ページ
出版社: シンコーミュージック
言語: 日本語
ISBN-13: 978-4401646494
発売日: 2018/8/23
商品パッケージの寸法: 25.7 x 18.2 x 2 cm
2,592円

TRAPEZE、DEEP PURPLE、HUGHES/THRALL、Solo&Sessionまで詳細網羅!
“ザ・ヴォイス・オブ・ロック"の50年に亘る波瀾万丈の音楽人生を集大成!

1969年にトラピーズを結成、1974年には第三期ディープ・パープルの一員としてロック史上屈指の名盤『紫の炎』の完成に寄与、そして1977年の『PLAY ME OUT』に始まるソロ・キャリアも40年を突破。その間に紆余曲折を経ながらもHR/HM界の顔役として今なお第一線で活躍し続ける、天才ロック・シンガー&ベーシスト:グレン・ヒューズ。衰えを知らぬ超人的ハイトーンによる歌唱、ハード・ロックという枠組みに捉われない多様な音楽性、そして根本にある強靭かつファンキーなリズム感。その全てが未だ世界中のロック・ファンとミュージシャン仲間から羨望を集めている。そんなヒューズが辿って来た真に壮絶なるロックンロール・ライフを、歴代のレア写真、ストーリー、詳細なデータ&レビュー付のディスコグラフィ、使用機材の解説、関係ミュージシャンの証言と考察、名演紹介なども交えながら、見応え読み応えもたっぷりに徹底総括します! ヒューズ・フリークは勿論のこと、ブリティッシュ・ロック・マニアも必見必読の一冊です!

<コンテンツ>
■初公開カットを含むスペシャル・ピンナップ集
トラピーズ、ディープ・パープル、ヒューズ/スロール、ソロの各期

■introduction
■グレン・ヒューズ・ストーリー The road to Holy Man

■計163作品に及ぶ詳解ディスコグラフィ
【Part-1 Main Works(全72作品)】
TRAPEZE/MEDUSA/YOU ARE THE MUSIC...WE'RE JUST THE BAND/WAY BACK TO THE BONE/THE FINAL SWING/TRAPEZE/HIGH FLYERS – THE BEST OF TRAPEZE/BURN/STORMBRINGER/LIVE IN SAN DIEGO 1974 CALIFORNIA JAM 1974/LIVE IN LONDON/MADE IN EUROPE/MKIII THE FINAL CONCERTS/GRAZ 1975/LIVE IN PARIS 1975/DAYS MAY COME AND DAYS MAY GO/1420 BEACHWOOD DRIVE/COME TASTE THE BAND/LAST CONCERT IN JAPAN/THIS TIME AROUND LIVE IN TOKYO/LIVE AT LONG BEACH 1976/PLAY ME OUT/HUGHES THRALL/RUN FOR COVER/PHENOMENA/PHENOMENA II : DREAM RUNNER/SEVENTH STAR/L.A. BLUES AUTHORITY VOLUME II- BLUES/FACE THE TRUTH/WELCOME TO THE REAL WORLD/FROM NOW ON.../BURNING JAPAN LIVE/FEEL/ADDICTION/TALK ABOUT IT/THE WORK TAPES/TOMMY BOLIN : 1997 TRIBUTE/THE WAY IT IS/RETURN OF CRYSTAL KARMA/VOODOO HILL/FROM THE ARCHIVES VOLUME 1-INCENSE & PEACHES/A SOULFUL CHRISTMAS/ BUILDING THE MACHINE/HTP/LIVE IN TOKYO/SONGS IN THE KEY OF ROCK/FLEAK FLAG FLYN'/HTP 2/THE 1996 DEP SESSIONS/WILD SEED OF MOTHER EARTH/SOULFULLY LIVE IN THE CITY OF ANGELS/SOUL MOVER/FUSED/TEATRO GRAN REX/MADE IN MOSCOW/MUSIC FOR DIVINE/PSYCHO FANTASY/LIVE IN AUSTRALIA/FIRST UNDERGROUND NUCLEAR KITCHEN/ BOYS CLUB - LIVE FROM CALIFORNIA/SWEET REVENGE/BLACK COUNTRY COMMUNION/2/LIVE OVER EUROPE/LIVE AT WOLVERHAMPTON/AFTERGLOW/CALIFORNIA BREED/WATERFALL/RESONATE/BCCIV/THE OFFICIAL BOOTLEG BOX SET VOLUME ONE
【Part-2 Other Sessions & Guest Works(全91作品)】
【Single & EP – Vinyl & Artwork Collection】

■Soulmates 魂の盟友たち
メル・ギャレー/デイヴ・ホーランド/トミー・ボーリン/パット・スロール

■Glenn Hughes vs. 共演ミュージシャンとの相関考察
リッチー・ブラックモア/デイヴィッド・カヴァデール/イアン・ペイス/ゲイリー・ムーア/トニー・アイオミ/ジョン・ノーラム/ジェフ・ダウンズ/ジョー・リン・ターナー/チャド・スミス/ジョー・ボナマッサ

■歌うロック・ベーシストの系譜
■来日ツアー&コンサートの全履歴
■トラピーズ&ディープ・パープル時代の使用機材を徹底解説
■2017 “RESONATE" Tourでの使用機材紹介
■ライヴ・レポート “RESONATE" Tour

■歴代の復刻インタビュー集
1)ヒューズ/スロール プロモーション来日時/『YOUNG GUITAR』誌1982年12月号掲載分
2)『L.A.BLUES AUTHORITY VOLUME II - BLUES』リリース時/『YOUNG GUITAR』誌1993年5月号掲載分
3)『FROM NOW ON...』プロモーション来日時/『YOUNG GUITAR』誌1994年5月号掲載分
4)『BURNING JAPAN LIVE』収録ツアー時/『BURRN!』誌1994年8月号掲載分
5)『FEEL』アルバム制作時/『BURRN!』誌1995年6月号掲載分
6)パット・スロール&グレン・ヒューズ/『BURRN!』誌1995年7月号掲載分
7)『ADDICTION』リリース時/『MUSIC LIFE』誌1996年8月号掲載分
8)『HTP 2』完成直前時/『METALLION VOL.18』誌掲載分
9)『SOUL MOVER』リリース時/『BURRN!』誌2005年4月号掲載分
10)『RESONATE』リリース時/『BURRN!』誌2016年12月号掲載分

■名演紹介[譜例付]グレン・ヒューズと3人のギタリスト
メル・ギャレー編/トミー・ボーリン編/パット・スロール編/グレン・ヒューズ編
go page top

この記事に対するコメント:

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック:

トラックバック URL
→http://garymoore.blog.fc2.com/tb.php/2793-554d4140
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top